骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»買取実績紹介»茶道具»色鍋島桃絵花瓶 十三代今泉今右衛門

買取実績紹介

色鍋島桃絵花瓶 十三代今泉今右衛門

詳細をご紹介

s-ironabei-1.jpg
 
鍋島焼は
江戸時代に始まった陶器の中でも
最も精巧だと言われています。
その鍋島焼の中で、
色絵を使っている物を
色鍋島と呼びます。

  s-ironabei-2.jpg  
 
まだ実が完熟しきっていない桃を
中心に描かれ
そのうえで
美しい花を咲かせています。

  s-ironabei-4.jpg
 
 十三代今泉今右衛門は、
若い頃より熱心に色鍋島について、
研究し製作に取り組んできました。
現代に馴染むような色鍋島造る事に
意欲を燃やしました。
昭和50年に十三代を襲名し、
平成元年に人間国宝である、
重要無形文化財「色絵磁器」
保持者の認定を受けました。

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.