骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»買取実績紹介»茶道具»南部鉄瓶 桜吹雪馬紋 瓢箪摘み

買取実績紹介

南部鉄瓶 桜吹雪馬紋 瓢箪摘み

詳細をご紹介

021-2.jpg


最初にデザインを決めると、それを表面の模様などすべて原寸大で描く。木型と呼ばれる鉄板で描いたものを実際に作る。

これを3つ作り、回転させ鋳型を作る。そして中子と呼ばれる木型より一回り小さい物を作る。鉄瓶に空洞を開けるためのものである。できた型を乾燥し、焼いて、銑鉄を流しこむ。型から取り出した鉄瓶を800〜1000度の木炭で焼き、磁性酸化被膜を付け、錆を防ぐ。金気止めと呼ばれ、この南部鉄器から技法が広がった。

021-3.jpg
 

全体的に桜模様で可愛らしい印象です。
蓋のツマミは瓢箪形です。
021-4.jpg  


茶釜も鉄瓶も鉄でできていますので、保管が雑ですと錆が出てしまいます。錆をほっておくと穴が開きますのでご注意を。 



  

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.