骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»買取実績紹介»掛け軸 古書 絵葉書 印刷物»「犬」 福田繁雄

買取実績紹介

「犬」 福田繁雄

詳細をご紹介

s-0928rito-1_1.jpg



トリックアートとは、
最近になってわかりやすく
呼ばれている名前で、
本来は「トロンプ・ルイユ」と呼称します。
これはフランス語で「眼を騙す」と
言う意味があります。

s-0928rito-3.jpg   

 
トロンプ・ルイユ(トリックアート)は
分類で分けることができます。
この作品のように、
大きさや長さを錯覚を起こさせる作品。
その他は、
壁面や床などに実際には
そこに存在しない扉や窓や人物、風景を描き
そこに存在するように見せる作品。
これは行き止まりの壁などでよく使われます。

3次元ではありえない建築物を描いた作品。
エッシャーの「循環」など

普通に見ると人間の顔に見えるが、
向きを変えたり見方を変えると
別の物に見えるような作品。
例を挙げると「ルビンの壷」や「美女の横顔」など

  s-0928rito-4.jpg

 
福田繁雄(1932-2009)
1975年に日本万国博覧会の
公式ポスターに入選し脚光を浴びました。
1975年には
ワルシャワ戦勝30周年記念
国際ポスターコンクールにて
作品「VICTORU」にてグランプリに選ばれ、世界的に有名になりました。
リトグラフだけではなく、
オブジェのようなアート作品や
トロフィーも手掛けていました。

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.