骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»買取実績紹介»おもちゃ 市松人形 御所人形»川越張り子面 荒井良作 久太郎狐面 郷土玩具

買取実績紹介

川越張り子面 荒井良作 久太郎狐面 郷土玩具

詳細をご紹介

s-hoku1022-img600x450-1351153661zdqozi21731.jpg  


埼玉県川越地区にある昔に出てくる、久太郎という狐を元に造られたお面です。
愛嬌のあるお顔をしていますね。
s-hoku1022-img600x450-1351153662ghmkql21731.jpg   

 
久太郎狐とは、
川越の六軒町周辺は当時
名前の由来で
家が六軒しかなく、
草深くてとても寂しいところでした。
そこに久太郎といういたずら好きな
狐が住んでいました。
行商人をだまし、時には
自分が行商人として
お客を騙したりしてきました。

しかし、時が経つと、
六軒町にも人が移住し、
家が次々と増えていきました
するとそのうち久太郎の
姿が見えなくなりました。
しかしいたずらを受けていた住民達は
いたずらをしてはいたが
憎めない奴だった。といなくなったことを
さびしがりました。

s-1492.jpg  

荒井は昭和から現在にかけて
活動する日本張り子の人形作家です。
1989年に独立を果たすと、
「工房もんも」を設立しました。

有名な作品を挙げると、
京極夏彦著作の文庫判のカバーに
映っている、妖怪や造形を制作した
事が特に有名です。


 

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2021 Iwano Art. All Rights Reserved.