骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»買取実績紹介»漆器 懐石道具»加藤土代久 鼠志野徳利

買取実績紹介

加藤土代久 鼠志野徳利

加藤土代久の鼠志野徳利買取しました!


今回お買取いたしましたのは、加藤土代久の鼠志野徳利です。加藤土代久の箱書・落款付の共箱とあわせて買取致しました。

加藤土代久は、桃山時代以来の美濃の伝統を守りながら、志野焼を現代感覚で表現する作家です。加藤土代久は、格調高く、存在感のある気品ある佇まいの作風で人気です。


お買取した加藤土代久の作品は、肩の少しはった、らっきょう形徳利で、長石釉のたっぷりかかった独特の蒼みがかった鼠色が特徴のお品です。

鼠志野は、鉄釉を化粧掛けしてからヘラで掻き落として模様を描き、その上から長石釉を掛けたもので、鼠色の器肌に白い絵が浮びあがります。

今回お買取の加藤土代久の鼠志野徳利は、志野焼特有のとろみのある肌で、アンバランスな造形で、土の厚みが力強くなんともいえない派手さがある魅力的な作品でした。


 




志野焼の作品買取ます



長石釉を他の原料と混ぜずにたっぷり使う日本独自の釉が特徴の志野焼。いわの美術では、志野焼作品の買取もしています。

志野焼は、桃山時代に、日本で最初の白い陶器がつくられた美濃で生まれたとされます。 志野焼の白色は、長石釉の白さで、百草土(もぐさつち)という美濃特有の土を使い、素地や釉薬に含まれる微量の鉄分が赤褐色の「火色」となって現れるところが見どころの一つといわれます。

絵模様を描いてから長石釉を掛けるので、仕上がりの釉薬の下に見える絵柄具合に志野の個性が感じられます。


志野焼作品の買取では、人間国宝で志野焼の最高峰といわれた 荒川豊蔵や、 荒川豊蔵に師事した加藤孝造のほか、加藤 唐九郎、北大路魯山人、川喜田半泥子の作品は高価買取が期待できます。

志野焼などのやきもの作品の買取査定は、作家名や作品の出来、状態、共箱などの付属品の有無など、様々な評価ポイントから買取査定しております。同じ作家の志野焼作品でも、作品により買取評価が異なりますので、ご売却予定の志野焼作品がございましたら、まずは無料オンラインメール査定にてお写真などの情報をいただけますと、具体的な買取額をご案内することが可能となります。志野焼買取に関してご質問などございましたら、遠慮なくお電話・メールにてお問い合わせください。

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2019 Iwano Art. All Rights Reserved.