骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»最新情報»リボン・シトロン 広告ノベルティーのお買取りいたします

最新情報

リボン・シトロン 広告ノベルティーのお買取りいたします

2018/3/2

リボン・シトロンの広告ノベルティーのお買取りいたします




昭和レトロなこちらのグラスは、リボン・シトロンの広告ノベルティーです。このような、昔のノベルティーグッズは中古市場での需要が高くあります。

古くて汚れていても、意外な価値がつくこともありますので、捨てずに査定に出してみてはいかがでしょうか。





いわの美術では、このような昭和レトロなお品物や骨董品のお買取りに力を入れておりますので、ご売却をお考えの方はぜひ、ご相談ください。



広告ノベルティー(企業ノベルティー)とは


広告(企業)ノベルティーとは、企業が会社の広告・宣伝のために制作したオリジナルの販促商品のことを言います。無料で配布されるものや、購入するとついてくる『おまけのおもちゃ』などを総じて、広告ノベルティー(又は企業ノベルティー)と呼びます。

 

広告ノベルティーは、昭和に始まり現代でも多くの企業で製作されています。戦前のものから戦後の昭和レトロなものは骨董的な価値が高く高価買取が期待できます。近年の企業ノベルティーでも、蒐集家が好むものやマニアックなものはプレミアが付き、高額査定となる場合があります。

 

いわの美術では、ソフビブリキの人形等身大ぺこちゃんサトちゃんなどの企業ノベルティーを度々お買取りさせて頂いております。広告ノベルティーのご売却は、骨董品査定の経験が豊富な弊社にお任せください。


お買取り可能な広告ノベルティー


ぺこちゃん サトちゃん ケロちゃん ナショナル坊や 銀行貯金箱 など

  


リボン・シトロンの広告ノベルティーについて


リボン・シトロン の広告ノベルティーは、主に掲載している写真のようなガラスコップ、木枠の大型ミラー、お盆やトレイなどがあります。また、リボン・シトロンのホーロー看板や戦前のポスターなども中古市場で人気があります。特に、リボン・シトロンのマスコットキャラクター「リボンちゃん」が採用される前のより古い広告ノベルティーは、骨董価値が高く高額査定となる可能性が高いです

ただ、掲載しているお品物のようなガラスコップは1点で査定評価することが難しいので、数点まとめてでのお買取となります


リボン・シトロンについて


リボン・シトロンは1909年(明治42)に大日本麦酒から発売されました。発売当時は、健康増進のためヨーロッパで体に良いと飲まれていたレモン水を参考にした「シトロン」という商品名で販売されていました。その後、当時大流行していた「リボン」を商品名につけることとなり、1914年に「リボン・シトロン」という名で商標登録されます。

1949年(昭和24)に大日本麦酒は集中排除法に基づきサッポロ、アサヒの2社に分割され、リボン・シトロンはサッポロビールに引き継がれます。

馴染みの深いマスコットキャラクターのリボンちゃんは1957年に使用された後、1999年頃に一度姿を消し、2005年に再度登場します。

 


リボン・シトロンの広告ノベルティーのお買取りについて


骨董品のお買取りを行っている「いわの美術」では、リボンシトロンのグラスなどの広告ノベルティーのお買取りにも力をいれています。関東圏を中心に全国へ無料出張買取のご対応を致します。また遠方の方でもスケジュールを気にせずに売却が出来る宅配買取サービスも行っております。査定のご依頼は、お電話またはお問い合わせフォームからお受けいたします。お客様からのお問い合わせお待ちしております。

 


お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2018 Iwano Art. All Rights Reserved.