骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»買取実績紹介»中国美術»中国茶壷(茶壺)

買取実績紹介

中国茶壷(茶壺)

中国茶壷 買取ました


中国茶を入れる基本的な器である茶壷。これは、茶壺(チャフー、ちゃこ)ともいいますが、写真のお品物は、以前お買取しました中国茶壷(急須)です。まとめて4点お買取させていただきました。

日本の急須とは違い、中国茶壷の把手は後ろ側についており、日本の急須より焼き締めの固い磁器と陶器の中間である火石器と呼ばれるものです。

中国茶壷にもいろいろな色や形のものがありますが、スタイルから「筋紋型」「自然型」「幾何型」に大きく3分類されています。今回買取の茶壷は一番オーソドックスな幾何型の紫砂茶壷です。


今回買取の茶壷の底裏面には、篆書という字体で「荊渓恵孟臣製」と刻まれています。 荊渓とは、宜興の昔の名前で、孟臣とは,明の頃の恵孟臣という名家の名前です。

買取した中国茶壷は、一部カケなどがみられたため、買取査定時にその点につきマイナス評価となりました。


中国の茶壷(茶壺)を買取しています!


お茶をじっくりと茶壷で飲むことによって、その茶壷が育っていくといわれています。このように毎日茶壺を手入れすることを中国では「養壺」というそうです。

実用だけでなく、観賞用としても楽しめる中国茶壷は、中国だけでなく日本でも人気の高いお品物です。


いわの美術では、中国の急須である茶壷(茶壺)の買取を行っています。茶壷の買取査定の評価は、その形状や制作された作家などにより様々です。状態の良い茶壷や人気作家の作品ですと、高価買取も期待できます。

茶壷の底面や側面などに刻印や落款のようなものが刻まれていたら、高価買取となる可能性のあるお品物である場合もあります。

しかし、有名作家の紫砂壷などをはじめ、中国茶壷は、偽物が多く出回っているという現状もあります。


中国茶壷の買取に関しては、なかなかご自身では判断つかにくいことも多いかと思います。 いわの美術では、これまで多くの中国茶壷の買取実績がございますので、中国茶壷の買取でご不明点や、ご質問などございましたら、遠慮なくいわの美術までご相談ください。

メールでの簡単な買取査定をご希望の場合、中国茶壷のお写真をいただき、メールに添付する形で弊社までお送りいただけますと、おおよその買取査定額をお伝えすることができます。

中国茶壷のご売却の際は、是非一度いわの美術にご連絡ください。

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2019 Iwano Art. All Rights Reserved.