骨董品買取、売却、売買なら、いわの美術株式会社!
骨董品買取・売却の極意
HOME»コラム»横浜市で象牙の買取を行いました!

コラム

横浜市で象牙の買取を行いました!

2012_05_04B.jpg

神奈川県横浜市にて象牙、象牙製品の買取を致しました。

象牙の取引に関しまして、弊社は環境省・経済産業省より

『特定国際種事業者』の認定を頂いております。

特定国際種事業者とは、

象牙やべっ甲の材料などの取引を勝手に行うことを禁止する決まりがあり、

その取引の許可を認定された業者の証です。

[特定国際種事業者:事業者番号:S-3-14-00135]

ここで象牙についての説明をしましょう。

象牙は字を読めばわかりますが、象の長い鼻の横に生えてるあの『牙』です。

象の牙は硬すぎず、柔らかすぎずと加工するのによく、そして壊れにくい、

なにより印鑑などとして使用する場合朱肉がよく馴染みます。

今現在ワシントン条約にて輸入取引が禁止されているため、

現在出回っている象牙は執行前と、一時解禁があったなど特別な時に輸入できたものを

今でも加工して、製品を作っている所もあります。

そのため代替品として水牛の角、カバの牙、セイウチの牙

ロシアの永久凍土の中に眠っていて、近年発掘されているマンモスの牙なども加工される。

最近は牛乳と 酸化チタン粉末、カゼインタンパクかで質感がそっくりのものも作られています。

このようなものと象牙を間違えないためにも見極め方を紹介します。

象牙と見せかけて販売されるものは、プラスティック、別の動物の牙や角、骨など・・・

ロゼット模様と呼ばれる曲線模様が特徴的でこれは象やマンモスの牙などにしかない

模様なのでこれを見極められれば

たいていのプラスティック、他の動物の牙や角、骨などを回避できると言えましょう。

また、マンモスの牙と象の牙に見える模様が菱形で細かくなっているのですが、

その菱形の角度が鋭ければマンモス、

ZouGe.jpg  

↑この画像のように

そこまで鋭くなければ象牙とこれまた判断材料になります。

しかし普通の人は、象牙とマンモスの牙を見比べたことはないでしょう。

そういう時は「いわの美術」にお任せください

無料で鑑定し、お客様の納得いただく形で高価買取をさせて頂きます。

また買取の際に無料で出張することもできます、

メールやお電話での査定も受け付けております、

この際はメールにて画像を送って頂けると大変助かります。

我々「いわの美術」にご気軽にご連絡ください。

象牙の登録証がない場合は、事前にご用意いただくか、

我々にご相談ください、手続きのためのお手伝いをさせて頂きます。

TEL:0120-226-590

メールはコチラ!

 

 

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせ下さい。
全国出張無料査定
買取品目一覧
買取実績紹介
写メール査定

携帯から写メを送り査定してほしい方、下記のメールアドレスよりお送り下さい。
iwanoart@gmail.com

QRコードからでも読み込めます。
美術品
お酒
茶道具
着物買取 いわの美術株式会社
いわの美術 Blog
骨董品屋の妻 Blog
いわの美術 Copyright © 2019 Iwano Art. All Rights Reserved.